筋肉の肥大-筋肉超回復の原理

筋肉が肥大する理由については案外知らない方が多い。筋力トレーニングすれば自然に肥大化して行くと思っている方も多くいる。特に一度も筋力トレーニングした事がない層に多い。
筋肉はトレーニングによって、筋繊維が傷つけられて、その修復がたんぱく質によって行われて、以前より強い筋肉に生まれ変わるのです。これは超回復の原理と言われています。一般的にトレーニングし終わったら、すぐにでもたんぱく質を補給するのが良いとされています。
これにより早急に損傷した筋肉が修復されるのです。
これにより強靭化した筋肉は当然ですが、以前より強力になっているために、従来の重さでは傷つき難い様になっています。その為、超回復の原理により、筋肉が肥大するする度に重量を上げて行く必要性があるのです。これによって、ベンチプレスやバーベルスクワットなどの重量が上がって行くのです。
あと、一つ注意しておきたいのが、筋肉肥大化するには筋繊維を傷つける必要があり、高重量を扱うのですが、あまりに高重量を扱い過ぎると、筋繊維を傷つけるどころか、筋断裂の大怪我をする事があるので、十分に配慮して下さい。自分の持ち上げられる重量を少しずつこなして行く事が大切です。

背筋トレーニング(ジムで行う・ダンベルを使う)

背筋を鍛えるための筋トレをするときにはどういう方法を使うと良いのでしょうか?
ジムなどに行くと、いろいろな部位を鍛えるためのマシンがあるので、そういったものを使うという手もあります。
ただ、自宅で鍛える方法がないのか?というとそうでもないので、お金をそこまでかけたくない人は自宅で可能な方法を使うと良いと思います。
自宅で背筋を鍛えることができる方法というのは、メジャーなものではダンベルを使ったものがあります。
ダンベルを両手に持ちながら、やや前かがみになって、腕を伸ばした状態で両手を横に広げた後、また元に戻します。
この動きを繰り返すことで、簡単に背筋が鍛えられるのです。
ダンベルを持ちながら、両手を左右に広げては戻すという動きは背筋にも負荷がかかっているので、背筋を鍛えるのにもってこいの方法なのです。
これはそれなりの重さのダンベルが2個あれば良いので、簡単に実践することができます。
自宅の中で行えますし、お金もほとんどかからないので非常におすすめと言えます。
ダンベルは本来は腕の筋トレに使うものではありますけど、背筋も鍛えられるアイテムになるので、筋トレ用としては重宝する機会が多いですから、いくつか持っておくと良いと思います。