ソイプロテインとホエイプロテインどちらが良い?

筋トレをするにあたっては同時に良質のタンパク質を摂取しないと筋肉がうまく付かないものです。そのようなことから摂取するものに関してはタンパク質を多めにする必要があります。タンパク質に関しては肉や魚、乳製品や卵といった動物性タンパク質もしくは大豆といった植物性タンパク質の2つがあります。この両方のタンパク質を少し多めに摂取することが望ましいのですが、人によっては苦手な食品があって食べられなかったり、あるいはアレルギーの影響で全く摂取ができないという場合があります。そのような場合には特定の食品からしかたんぱく質を摂取できないような状態になってしまい、食品によってはかなりの量を摂取しなければいけない状態になります。このように何かしらの理由で食品からタンパク質を十分に摂取出来ないと感じたら、プロテインを摂取するのがおすすめです。プロテインはスーパーやドラッグストア、スポーツ用品店やインターネットショップで取り扱っていてその種類も多いです。またプロテインにはホエイプロテインという乳製品を主に原材料としたものとソイプロテインという大豆を主に原材料としたものが有名です。このうちどちらを選ぶかに関しては自分の体質によって決めるのがいちばんであり、乳製品にアレルギーがあるという場合にはソイプロテインを、逆に大豆にアレルギーがある場合にはホエイプロテインを選ぶべきです。また両方のプロテインを用意しておいた上で、動物性タンパク質が不足していると感じたらホエイプロテインを摂取し、逆に摂取しすぎていると感じたらソイプロテインを摂取するといったように状況に応じて摂取するプロテインを変えるのもいい方法です。これらのプロテインを摂取すればタンパク質不足を解消できてより筋トレの効果を発揮させることが可能なのです。

筋トレとプロテインを飲むタイミング

まずプロテイン飲料について簡単に説明するとタンパク質がたっぷりと含まれています。ちなみにタンパク質は体の組織をつくる時に必要な栄養素の一種で筋肉、髪、肌の材料となりますし体を動かすエネルギー源としても重要です。
だから筋肉を効率よくつけたいという人は筋肉の材料であるタンパク質を摂取することが重要で、プロテイン飲料は手軽にタンパク質を摂ることが出来るので筋トレの必需品ということが出来ます。
ちなみにプロテインを飲むだけでは残念ながら筋肉はつきません。筋肉というのは筋肉をつけたい場所に強い負荷をかけてトレーニングをすることで筋肉を疲労させてダメージを与えることが大切です。その時に必要な栄養素と睡眠を取ることにより筋肉が修復されて以前より太くなっていきます。そしてどんどん負荷を大きくして繰り返すことで筋肉をつけることが出来るのです。
プロテインを飲むタイミングはトレーニング後30分以内が体への栄養吸収率が高まるのでお勧めです。粉末状のプロテインは水に溶かすのが一般的ですが牛乳や豆乳に溶かすと腹持ちが良くなりますし、水、牛乳に溶かしたモノが飲みにくいという人は果汁100%オレンジジュースやアップルジュースに溶かすのも1つの手です。またスポーツドリンクに混ぜるのもお勧めの飲み方でスポーツドリンクに含まれる糖質にはタンパク質の吸収をスムーズにする効果があります。

筋トレとプロテインの関係

筋トレをした後にはプロテインを飲むと筋肉がつきやすいというイメージを持っている人も多いと思います。
それは実際正しいのですが、プロテインの飲み方に関しては知っておいてほしい部分があります。
というのも、プロテインというのは筋トレの後に飲むものというイメージがあるかもしれませんけど、筋トレをしない日にも飲んでいく必要性があるのです。
筋トレをした後にプロテインを飲むことで、筋トレの効果が出やすくなる、筋肉がつきやすくなるということは確かに言えます。
でも、筋トレの効果をより引き出すためには、筋トレを全くしなかった日にもプロテインを飲むことを忘れないでください。
筋トレをしない日というのはいわゆる超回復という現象が起きているのですが、このときにもプロテインを必要としているので、筋トレをする、しないに関係なくプロテインを摂取することは頭に入れておいてほしいと思います。
筋肉をつけるにはたんぱく質が重要ということは多くの人がすでに知っているはずですが、プロテインの飲み方まで知っているか?どうかは分かりません。
筋トレをして、プロテインを飲んで筋肉をつけていきたいと思っている人は、プロテインに関する知識もつけていった方が良いと言えるのです。